八心会とは

HASSHINKAI

ひまわりの理念

大切にします「八つの心」

【 初心 】

地域社会の福祉向上に寄与したいと願う初心を忘れません

【 良心 】

差別や虐待、身体拘束を許さない良心を持ち続けます

【 安心 】

情報の公開や医療との連携で安心をお届けします

【 細心 】

個人情報保護や災害発生防止、衛生管理に最新の注意を払います

【 専心 】

サービスの提供と質の向上、尊厳の保持に専心します

【 砕心 】

人材確保と定着、職場環境の維持向上にも心を砕きます

【 中心 】

地域との連携や生活支援を通じて、地域社会の中心となります

【 銘心 】

ホームをご利用したすべての方のお人柄を心に銘じつづけます


シンボルマークの由来


地球上に存在する物質の中で最も硬いといわれるダイヤモンドには「永遠の絆」という意味があります。
その中でも特に左右対象に美しくカッティングされたもののみにあらわれる八つのハートは、「八心八矢」と呼ばれ、最高技術の証とされています。
八心会のシンボルマークは、その輝きを模して描かれました。

「永遠の絆」に「最高の技術」が加わり、
輝きあふれる「八つのハート(心)」があらわれる

八心会が掲げる経営理念「八つの心」は、ダイヤモンド のように強固で永遠でありながら、スタッフひとりひとりの最高の技術により一層の輝きを放ち続けるのです。